循環物色アナライザー及び販売業者の株式会社ブライトエースについて、詳しく検証していきます。

皆さんは株式投資を行うにあたり、何か参考にされているものはありますか?
証券会社や投資銀行からサービスを受けたり、投資顧問会社・投資情報サイトから情報を入手したり、書籍やインターネットから知識を得たりと、投資家の方たちは様々な方法で利益の獲得を目指している事と思います。
その中で近年、AI(人工知能)を駆使した株式投資ツールが続々と開発されはじめました。
既に様々なジャンルでAI導入の動きが活発化していますし、株式投資ツールにAI導入が求められるのも、極々自然な流れと言えるのでは!?
この近況を踏まえた上で、株式投資ツールの1つである”循環物色アナライザー”というソフトウェアについて調査していきたいと思います。
循環物色アナライザー

具体的には、会員登録前後のページを見て、
  • 循環物色アナライザーにはどの様な機能があるのか
  • 循環物色アナライザーを利用する事によって生じるメリット
  • 利用可能な商品(サービス)やプラン
など、調べて分かった事を客観的な視点で取り上げます。
管理人管理人

各証券会社がレーティング・スコアを表示させる銘柄スクリーニングツールを提供している状況ではあるものの、各ツールに大きな差があるという話はあまり耳にしません。
又、AI(人工知能)を組み込んだ株式投資ツールが開発されはじめたとはいっても、まだ多くの投資家に浸透している訳ではないでしょう。
つまり、これから株式投資ツールの開発競争が激化していく可能性が非常に高いと判断出来るのでは!?
どのタイミングで画期的な株式投資ツールが誕生するか分かりませんし、丁寧に情報を拾って調べていく事が重要だと考えます。

ちなみに当サイトでは『仕手株情報詐欺の撲滅』を念頭に情報を発信していますが、循環物色アナライザーはAIを搭載したソフトウェアですので、投資家集団が株価を意図的に操作する仕手株詐欺とは対極にあり無関係だと言えるでしょう。
以下、私、安達がお伝えします。
事前にこちらも確認してみて下さい。

循環物色アナライザーに会員登録する前に分かる事は?

会員登録前トップページを見ると、

銘柄選定ロボが”買うべき銘柄”をナビゲート
最新技術で期待の銘柄を瞬時に分析
これさえあれば”買うべき銘柄”がすぐに分かる!
循環する株式市場で「ハイリターン」を狙え

という文言がまず最初に目に飛び込んできました。

この文言からは、循環物色アナライザーを利用すれば、株式投資に関する知識の有無にかかわらず、市場の分析をせずとも、利益を得る為の銘柄が案内されるであろう事を読み取る事が出来ます。
“循環する株式市場”の意味合いが理解しにくいと感じた方がいるかもしれませんが、この点については一例として以下の表を用い、投資対象として注目を集める銘柄のタイプ等が次々に移り変わっていく状況の事を表していると説明していました。
循環物色アナライザー 株式市場の循環
各銘柄のタイプによって、上昇期待値や利確までの期間等、様々な異なる特徴があり、それぞれの特徴で買うべきタイミングも変わってくるのは当然の事でしょう。
そして最終的に、

独自の技術で開発されたAIが、国内3,700以上の銘柄データと統計学を基に、”これから注目を集めるタイプ”がどの銘柄タイプなのかを予測。
さらには予測されたデータから“買うべき個別銘柄”を選定。
「循環物色アナライザー」があれば、誰でも簡単に“買うべき個別銘柄”を知ることができます。

というセールスポイントを打ち出しています。
ここまでの機能が循環物色アナライザーに実際に備わっているとなると、“自分で色々な情報を集めて投資する銘柄を選定する作業は、もはや不要なのでは!?”と感じる人も少なくないでしょう。
証券会社や投資銀行、投資顧問会社・投資情報サイトなどからコンサルティングサービスや情報の提供を受けるにあたっては、どうしても情報提供者の主観や思惑がメンタル・マインドによって左右されかねません。
そういった意味では、AIによる粛々とした機械的な銘柄選定の方が、“リスクを抑えた安定感のある株式投資”を実現してくれそうな気がします。
魅力的なのは、メールアドレスを登録する事で、循環物色アナライザーを無料で体験する事が出来る点ですね。
以下の項目で実際にメールアドレスを登録し、更に情報を集めていきたいと思います。

循環物色アナライザーに会員登録した後に分かる事は?

会員登録前トップページには、以下の登録フォーマットが用意されています。

循環物色アナライザー 無料体験フォーマット
このフォーマットにメールアドレスを入力し、「無料体験を申し込む」ボタンをクリックすると、プロフィールを設定する画面が表示されます。
この画面で氏名や投資経験・運用資金の目安などを入力・選択し、「本登録を完了する」ボタンをクリックすると本登録が完了となり、会員専用ページへログインする事が可能となりました。
それでは、早速会員専用ページにアクセスしてみましょう。
会員専用のトップページを開いてみると、”無料体験”という言葉が表していた様に、無料版ピックアップ銘柄が大きく取り上げられています。
循環物色アナライザー 無料版ピックアップ銘柄
上記の通り、銘柄ごとに証券コード・前日終値・前日出来高が掲載されているほか、各銘柄の「詳細」をクリックすると、出来高信用倍率・時価総額までチェックする事が出来る様になっていました。
循環物色アナライザー 無料版ピックアップ銘柄 詳細
あくまで無料体験版の循環物色アナライザーから導き出された銘柄ではあるものの、これらの銘柄を日々チェックしていく事で、循環物色アナライザーの信頼性や有用性を確認する事も可能です。
“循環物色アナライザーの情報を持っていない””循環物色アナライザーの実力が知りたい”といった考えを持つ人も多いと思いますので、まずは無料登録&無料体験してから、有料版の循環物色アナライザーの利用可否を判断した方が良いのではないでしょうか。
有料版の循環物色アナライザーを利用するにあたって気になるのは、“どの様な商品(サービス)が用意されているのか?”という事ですね。
個人的には循環物色アナライザーという1商品のみ用意しているものだと考えていたのですが、「製品一覧」のページを見てみたところ、多種多様な商品を用意している事が分かりました。
それぞれ詳しく見ていくと、まず【単発商品】として、
《投資戦略:RR(リターンリバーサル)》

循環物色アナライザー 投資戦略:RR

相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法を「リターンリバーサル」(逆張り)と呼びます。
リターンリバーサルとは、株価が適正水準よりも大きく下落した時に買いを入れて、反発したところで売るという様な、一見、相場の大きな流れに逆らって動く様な投資スタンス。
何を基準に株価を評価して売買するのかがカギになる投資手法に対して、本製品では、AIがその時最もリターンリバーサル投資に適切だと判断した銘柄を抽出致します。

利用期限:初回起動から1週間
抽出銘柄数:最大20銘柄
ピックアップ銘柄数:1銘柄
配送時期:着金確認が完了後、最大4日
価格:50,000円

《投資戦略:DTF(ディフェンシブ+トレンドフォロー)》

循環物色アナライザー 投資戦略:DTF

本製品では、主に2種類のタイプの銘柄の抽出が可能となっています。
1つ目のタイプはディフェンシブ銘柄。
景気の変動の影響を受けにくく、業績が安定している業種をディフェンシブ関連と称し、それに属する銘柄がディフェンシブ銘柄と呼ばれています。
生活必需品である食品や医薬品、社会インフラである電力・ガスや鉄道、通信といった業種が分類される銘柄群で、本製品では防御的という名前の通り、値動きも安定している銘柄をAIが抽出致します。
もう1種類のタイプはトレンドフォロー(順張り)に適した銘柄。
相場の上昇局面で買い、下落局面で売るというシンプルな投資手法であるトレンドフォロー(順張り)。
「みんなが買っているから自分も買う」という相場の流れに乗る手法で、上手く相場のトレンドに乗る事で成功に近づきます。
上記の通り、上昇トレンドを見極める事が成功のカギになる手法の為、本製品ではそういった観点を持ってAIがトレンドフォローに適した銘柄を抽出致します。

利用期限:初回起動から1週間
抽出銘柄数:最大20銘柄
ピックアップ銘柄数:2銘柄
配送時期:着金確認が完了後、最大4日
価格:150,000円

《投資戦略:空売り》

循環物色アナライザー 投資戦略:空売り

本製品では、空売りを目的として下落が想定される銘柄の抽出が可能となっています。
一般的には株価は上昇するスピード以上に下落するスピードが早いと言われています。
その為、個人投資家もある程度のレベルになると「買い」よりも「空売り」の方が、短期間での利益を獲得し易いという認識を持つ傾向があります。
空売りは、下落局面という本来はネガティブな状況をチャンスに変える事が出来る投資手法であり、これから下降トレンドを迎える銘柄をいかに見極められるかが重要なポイントです。
本製品では、国内3,700以上の銘柄から「次に下降トレンドを迎える銘柄」を予測し、その中でも適切と判断した銘柄をAIが抽出致します。

利用期限:初回起動から1週間
抽出銘柄数:最大20銘柄
ピックアップ銘柄数:2銘柄
配送時期:着金確認が完了後、最大4日
価格:200,000円

《投資戦略:材料株》

循環物色アナライザー 投資戦略:材料株

本製品が抽出するタイプ「材料株」とは、新製品や新技術の開発などをきっかけにして人気を集めている銘柄の事を指します。
業績拡大に直結するかどうか明確でない材料の場合も多く、一般的に相場が低迷している様な時には、材料株が人気になる事もあると言われています。
但し、業績の裏付けが無い株価の上昇は長続きしない可能性が高い為、個人投資家が取り扱う際には注意が必要とも言われています。
本製品では、インプットされた全ての銘柄の業績や株価の推移を基に、「材料株」として期待が出来る銘柄を抽出致します。
個人投資家が「材料株」なのか「悪材料」なのかを悩む場面であったとしても、本製品のAIであれば、過去の傾向等々を基に適切に判断が出来た銘柄を抽出致します。

利用期限:初回起動から1週間
抽出銘柄数:最大20銘柄
ピックアップ銘柄数:2銘柄
配送時期:着金確認が完了後、最大4日
価格:500,000円

の4製品を用意。
更に【期間契約商品】として、
《循環戦略36》

循環物色アナライザー 循環戦略36

本製品では4週間の利用期限の中で「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」の3種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断出来た銘柄を抽出致します。
「バリュー株」とは、売り上げや利益の成長がさほど期待出来ないなどの理由から、現時点の株価が本来の企業価値を考慮した水準に比べて安いと考えられる株式の事で、「割安株」とも呼ばれています。
「グロース株」とは、「成長株」とも呼ばれ、その企業の経営戦略や事業展開、その企業が狙うマーケットの成長性などから判断して、今後も持続的に大きく成長する事が期待される銘柄を言います。
上記2種類に加えて、景気の変動を受けにくい「ディフェンシブ株」も抽出範囲に加え、現状のサイクルの把握と「次に来るサイクル」の予測をAIが行い、注目すべき銘柄を抽出致します。

提供銘柄範囲:バリュー+グロース+ディフェンシブ銘柄
利用期限:初回起動から4週間
抽出銘柄数:最大50銘柄
ピックアップ銘柄数:3銘柄
配送時期:着金確認が完了後、最大4日
価格:200,000円/4週間

《循環戦略46》

循環物色アナライザー 循環戦略46

本製品では最大24週間の利用期限の中で「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」「空売り」という4種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断出来た銘柄を抽出致します。
本来の企業価値と比べて「割安」と考えられる「バリュー株」、持続的に大きく成長する事が期待される「グロース株」、景気の変動を受けにくく安定した値動きとなり易い「ディフェンシブ株」の3タイプを網羅。
本製品では、3種類のタイプに加えて「攻め」の手法でもある「空売り」に適した銘柄も網羅した上で最適な銘柄を抽出致します。
「バリュー」や「グロース」で上昇トレンドを抑え、「空売り」で下降トレンドも把握する。
更には「安定」の為の「ディフェンシブ」も取り扱う事で、株式投資におけるベースを盤石のものと出来る製品だと自信を持ってご案内致します。

提供銘柄範囲:バリュー+グロース+ディフェンシブ銘柄+空売り
利用期限:初回起動から最短4週間、最長24週間
抽出銘柄数:最大50銘柄
ピックアップ銘柄数:3銘柄
配送時期:着金確認が完了後、最大4日
価格:400,000円/4週間800,000円/12週間1,200,000円/24週間

《循環戦略56》

循環物色アナライザー 循環戦略56

本製品では最大24週間の利用期限の中で「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」「空売り」そして「テーマ」という5種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断出来た銘柄を抽出致します。
本製品は、「循環戦略46」で可能な「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」「空売り」の4ジャンルは当然抽出可能。
4タイプに加え、株式投資の中でも特に大きな値上がりをする傾向がある「テーマ株」も網羅しています。
株式投資における「テーマ」とは、注目される新技術や社会問題に関係するものなど多岐に渡ります。
「テーマ株」は、ある材料で1つの銘柄が急騰すると、それに関連する銘柄が活発に取引される様になり、関連する銘柄も含めて値上がりする傾向にあります。
又、値上がりする銘柄は必ずしも同業種という訳ではなく、一定のテーマに関連するという特徴があります。
更に、それぞれの企業の業績や市場は関係無く、期待値のみで急騰する事もあり、それらの要素を基に、個人投資家が独力で「期待の出来る銘柄」を見つけ出す事は簡単ではありません。
しかし、本製品では上記の様な「テーマ」における想定の難しい要素も含めて、AIが分析を行い「適切」だと判断した銘柄を抽出致します。
網羅している情報の範囲について、弊社製品の中でトップクラスの「循環戦略56」。
他の製品との違いを、全5種類のタイプの銘柄を用いて皆様にお届け致します。

提供銘柄範囲:バリュー+グロース+ディフェンシブ銘柄+空売り+テーマ
利用期限:初回起動から最短4週間、最長24週間
抽出銘柄数:最大50銘柄
ピックアップ銘柄数:2銘柄
配送時期:着金確認が完了後、最大4日
価格:800,000円/4週間1,600,000円/12週間2,400,000円/24週間

《循環戦略66》

循環物色アナライザー 循環戦略66

本製品は、最大24週間の利用期限の中で、「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」「空売り」「テーマ」「材料株」と、全6種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断した銘柄を抽出致します。
他の製品がそれぞれ個別に持つ特性を全て備えており、自信を持って「弊社製品の最高ランク」と断言出来る仕様となっております。
本来の企業価値と比べて「割安」と考えられる「バリュー株」や、持続的に大きく成長する事が期待される「グロース株」、そして安定した小さい値動きとなり易い「ディフェンシブ株」についてを、「循環戦略36」以上の品質で抽出。
「循環戦略46」以上に短期間での利益獲得を望む為の「空売り」銘柄も予測。
更には「テーマ株」「材料株」といった大きな値動きと高い利益率を望めるタイプも、「その他製品」では不可能だった範囲まで計測・分析・シミュレートを行い、個別銘柄を抽出致します。
本製品では、弊社が考える株式市場の全てのサイクルで「最適」とAIが判断した個別銘柄を抽出致します。

提供銘柄範囲:バリュー+グロース+ディフェンシブ銘柄+空売り+テーマ+材料株
利用期限:初回起動から最短4週間、最長24週間
抽出銘柄数:最大50銘柄
ピックアップ銘柄数:2銘柄
配送時期:着金確認が完了後、最大4日
価格:1,200,000円/4週間2,400,000円/12週間3,600,000円/24週間

の4製品、計8製品が確認出来ます。
循環物色アナライザーについて一通り調べてきましたが、やはり登録する事で無料版のピックアップ銘柄をチェック出来る点は評価出来ると思います。
又、投資したいタイプの銘柄ごとに製品が細分化されているだけでなく、色々なタイプの銘柄を抽出可能な製品もあり、選択する製品によって”短期的or長期的”どちらの視点からでも投資運用が可能な点も評価に値するでしょう。
そして何よりも、“AIが銘柄を抽出する”次代の株式投資を構築しており、先々への期待感を抱かせてくれます
AIが導入されているという事は、製品も日々バージョンアップしている事でしょう。
現在の状況を鑑みると、やはり株式投資も新たな方向性を求められると思いますし、個人投資家として最先端の取り組み・利益確保を目指していきたいところですね。

循環物色アナライザー 運営会社情報

[URL]http://junkan-toushi.com/
[販売業者]株式会社ブライトエース
[運営統括責任者]草場大介
[所在地]東京都中央区日本橋兜町17番1号 日本橋ロイヤルプラザ706
[電話番号]03-5315-0745
[E-mail]info@junkan-toushi.com

循環物色アナライザーの口コミ募集中!

循環物色アナライザーをご利用になられた方はいらっしゃいますでしょうか?

ご利用になられた方がいらっしゃいましたら、コメント欄への書き込みをお願い致します。

循環物色アナライザーが、悪徳な評価の低いツールなのか、株式投資を行う上で利用価値のある評価の高いツールなのか、意見共有させて下さい!