日経タイムズが仕手株詐欺を行っていないか検証していきます。
日経タイムズという株式投資情報サイトをご存知でしょうか?

日経タイムズ

ドメイン取得年月日は2015年10月9日となっており、あと4日で運営開始からちょうど1ヶ月を迎える様です。

この1ヶ月間で、どれだけの顧客を獲得出来たのか気になりますね。

但し前提として、金融商品取引業者としての認可を受けていませんので、今後警告を受け、突然サイトが閉鎖される事も十分考えられるでしょう。

会員の方は、すぐに利用を停止した方が良いと思います。

以下、私、安達がお伝えします。

事前にこちらも確認してみて下さい。
悪徳な投資情報サイト詐欺に遭わない為の注意点

日経タイムズに会員登録する前に分かる事は?

トップページを見てみましたが、特にコンテンツは見受けられません。

「最高級情報を毎日惜しみなくお届けします!」という宣言文は確認出来るものの、プランや実績、運営方針などは会員登録前に確認しておきたいというのが、サイトを見た方の率直な意見ではないでしょうか?

サイト下部には、

・会員の為に真摯に「勝つ為」にアドバイスする事を約束している
・安心のサポート、会員が安心して取り組める有料情報の数々を、資金規模、余力に合わせたプランを提示する
・PCとスマートフォンにも完全対応
・出かけ先からでもリアルタイムで情報を確認出来る

といった文言が見受けられますが、やはりこれだけでは物寂しいという印象を受けます。

サイトデザインについてですが、先日掲載した「日経マーケティング」「BLM(ビジネスリーダーマーケット)」と似ていないでしょうか?

特に日経タイムズとBLM(ビジネスリーダーマーケット)は、サイトのホストも非常に良く似ていました。

販売業者は異なっていますが、「日経マーケティング 詐欺検証」「BLM(ビジネスリーダーマーケット) 詐欺検証」をご参照頂ければと思います。

日経タイムズに会員登録した後に分かる事は?

メールアドレスを持っていれば簡単に会員登録でき、直近で急騰が見込める銘柄を無料で提供してくれるそうですので、早速登録してみましょう。

登録後に届いたメールのURLをクリックしてみると、「登録済みのメールアドレスです。ご入力いただいたメールアドレスは、すでに日経タイムズへ登録されています。」という文言が表示されました。

これにはさすがに驚きました…

初めて見たサイトに登録したにも関わらず、なぜこの様な事が起きるのか?

やはりどこかのサイトと同じ販売業者が運営を行っているのでしょうか!?

疑念は払拭出来ませんが、コンテンツの閲覧は可能ですので、無視して読み進めていきます。

「日経タイムズとは?」というページを見てみると、あらためて、会員の利益の為に最高級情報を毎日惜しみなく届けると掲載されていました。

又、「ご愛顧される4つの理由」が示されており、

・短期間での情報が見込める高精度な銘柄情報を随時ご提供。
・お電話でのリアルタイム徹底サポート。
・フルサポートインフォメーション(24時間受付可能)。
・安心して取り組める有力情報の数々。実績多数。

が確認出来ました。

更に、株式投資において、情報は鮮度が命であり、1分1秒で正確な判断・決断をする事が求められる中、日経タイムズでは「独自の情報ルート」で「最高級情報」を随時入手し、短期暴騰見込みの情報はもちろん、会員の投資スタイルに合った利益獲得プランを提供する事を約束し、利益獲得のチャンスを見逃さないと掲載しています。

情報化社会で溢れ返っている情報の中で利益を得るには「本物の情報」を手にする必要があり、多くの市場関係者や個人投資家が認識してしまった後に有力情報に気付いても遅く、どこよりも誰よりも素早く情報を手にする事が、株式市場で生き抜く為に必要不可欠となる事も併記されていますね。

個人投資家の繁栄を第一に考えて運営しているという事ですが、やはり上記の通り、会員登録していないにも関わらず「登録済」の様なメッセージが表示されては、信頼を損なってしまうのではないでしょうか?

しっかりとした説明責任が求められるところかと思います。

日経タイムズ 最新情報

2018年3月2日、株式会社JG-company、株式会社Master及び株式会社S&F並びにその役員3名による金融商品取引法違反行為に係る裁判所への禁止及び停止命令発出の申立てが証券取引等監視委員会より成されました。

この3社が投資助言業務の為に開設したウェブサイト等一覧に日経タイムズが含まれており、3月29日には上記禁止及び停止命令が東京地方裁判所より発令(株式会社JG-company、株式会社Master及び株式会社S&F並びにその役員3名に対する金融商品取引法違反行為に係る裁判所の禁止及び停止命令の発令について)。

代表取締役の氏名も無登録で金融商品取引業を行う者として掲載されるなど、中々に厳しい処分を受けていますね。

当然の報いであり、他の無登録業者も今後同様の処分が下ると考えた方が良さそうです。

もし利用している株式投資情報サイトが金融商品取引業者か無登録業者か分からない場合には、金融商品取引業者一覧のページなどをしっかりチェックしましょう。

日経タイムズ 運営会社情報

[URL]http://nikkei-times.com/(閉鎖) , http://sto-ck9.com/(閉鎖)
[販売業者]株式会社フロンティア
[運営責任者]島岡利宏
[所在地]東京都千代田区六番町15-2
[電話番号]03-5332-6101
[メールアドレス]support@nikkei-times.com

日経タイムズの口コミ募集中!

日経タイムズをご利用になられた方はいらっしゃいますでしょうか?

ご利用になられた方がいらっしゃいましたら、コメント欄への書き込みをお願い致します。

日経タイムズが、仕手株詐欺を行う悪徳な評価の低いサイトなのか、株式投資を行う上で利用価値のある評価の高いサイトなのか、意見共有させて下さい!