先日金融庁のサイト内にある証券取引等監査委員会のページをチェックしていたところ、驚きのニュースが目に飛び込んできました。

既にご存知の方も多いかもしれませんが、その内容はズバリ、関東財務局長がトリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)に行った検査結果について。

先に結果からお伝えしておくと、今後まもなくトリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)は金融庁から行政処分を受ける事になる模様。

インターネット上でトリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)のリスティング広告を頻繁に見かけましたし、会員登録した人は相当数いるはずで、不安を抱えている人も多いでしょう

どの様な検査結果が出たのか、詳しく見ていきたいと思います。

管理人管理人

尚、トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)については以前、「トリプルエー投資顧問株式会社 詐欺検証」という記事を書いていますので、併せてご参照下さい。

トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)の法令違反行為

トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)に対し、2018年4月から2018年11月の投資顧問契約締結に到るまでの勧誘状況を確認した結果、法令違反行為が認められたそうです(AAA投資顧問株式会社に対する検査結果に基づく勧告について)。

法令違反行為は、無料会員登録した人(見込み顧客)に対して行われている模様。

まず1つ目は、契約締結を勧誘する際の顧客に対する虚偽告知行為

具体的には、投資助言の実績が無い銘柄を「利益を提供した」と偽って電話で勧誘していたらしく、実際に投資顧問契約を結んでしまった人がいたみたいですね。

更にメールマガジンでも、実際には入手していない「秘密情報」「裏情報」を提供すると謳って勧誘していたとの事。

そして2つ目は、契約締結を勧誘する際の顧客に対する誤解を生む表示行為

具体的には、投資助言後の一部期間の株価上昇率を、投資助言後の全期間を通じた実績の様に表示していたとの事。

これらが金融商品取引法等で禁止行為とされているもので、トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)に行政処分の勧告が出た理由となっています。

簡単に言えば、嘘をついて会員に有料サービスを契約させようとしていたという事になるでしょう。

最大で延べ39,000人に対してでっち上げた架空の情報を発信していたというのですから、このニュースを見た時には呆れを通り越して、さすがに絶句しました。

影響はかなり大きいはずで、

今後の行政処分の内容
行政処分を受けてのトリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)の対応

には注視する必要がありますね。

トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)の対応状況

1.トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)は勧告を受け、どの様な対応を取っているのでしょうか?

私は以前に会員登録を済ませていますので、ログイン前後のページを比較してみたいと思います。

まずログイン前のページを見てみましたが、勧告についての記述は特に見当たりません。

上記の様な最新情報を載せる箇所があるのですから、一言あってもいいと思いますが…

何も知らずに今会員登録する人が出てくるかもしれませんし、行政処分後に何か変更があるとしても、一定の措置を講じておくべきでは!?

(2019年3月12日に勧告を受けたにもかかわらず、触れる事無く2019年3月14日に記事が更新されているのが多少気になります)

続いてログイン後のページを見てみると、サイト中央部の「公開中の銘柄情報一覧」というコンテンツに「重要なお知らせ」が掲載されていました。

(2019年3月12日に勧告を受けたにもかかわらず、触れる事無く2019年3月16日に無料コラムが更新されているのが多少気になります)

2019年3月20日付けで、現在トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)が金融商品取引業者に係る問題が認められた為、勧告を受けている状況であり、正式に行政処分が決定次第、サイト上での公開・メールでのお知らせを行う旨、記されています。

証券取引等監視委員会の報道発表で、全役職員の法令等遵守意識が著しく欠如していたと指摘されていますし、行政処分が避けられない事はさすがに理解しているのでしょう。

有料サービスの契約を締結した会員に対して「返金があるのか」という点も含め、引き続き注意深く動向を見守っていく次第です。

尚、「トリプルエー投資顧問株式会社 詐欺検証」で指摘していますが、個人的には「投資顧問WEB」なる特定商取引法に基づく表記を載せていない怪しいサイトからトリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)のLPページへ誘導するスパムが届いた際、行政処分を受ける様な事態に発展しないかと危惧していました。

勧告内容とは別件で直接的な繋がりは無いにしても、やはりトリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)はれっきとした金融商品取引業者なのですから、無登録業者の生業の様なでっち上げ・捏造行為はしないでほしかったというのが正直な感想です。

信頼を回復するのは中々に難しいと思いますが、株式投資情報サイト業界で生き残っていくには、地道な努力を重ね続けていくしかないでしょう。

2.2019年3月25日にトリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)は行政処分を受けました(AAA投資顧問株式会社に対する行政処分について)。

会員登録前のページと会員専用ページ共に、「平成31年3月25日 弊社に対する行政処分について」というページへのリンクが追加されています。

3.行政処分を受けて以降止まっていたトリプルエー投資顧問からのメールですが、2019年5月1日より配信が再開されています。

但し2019年5月17日現在、行政処分を受けた事についてはメールで一切触れていません。

4.2019年5月31日の16時から臨時メンテナンスを実施する旨、メールが届きました。

2019年6月1日にホームページを確認したところ、「平成31年3月25日 弊社に対する行政処分について」というページへのリンクが消え、無料会員登録フォーマットが復活(2019年3月25日から2019年5月30日までは無料会員登録出来ませんでした)。

週明けの2019年6月3日より、トリプルエー投資顧問が新体制でリスタートする事になると思います。

行政処分を真摯に受け止め、今後は同じ過ちを繰り返さない様、徹底した内部管理態勢・業務運営態勢を敷いてほしいですね。

トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)に対する行政処分の内容

トリプルエー投資顧問(AAA投資顧問株式会社)が受けた行政処分は、業務停止命令業務改善命令(AAA投資顧問株式会社に対する行政処分について)。

2019年3月25日から2019年4月24日まで、新たな投資顧問契約は締結出来ませんのでご注意下さい。